プロフィール

スーザン@ヤル気!

  • Author:スーザン@ヤル気!
  • スーザンの家庭料理と同居人鯛蔵の辛口の評を笑い飛ばすのがコンセプトだったが、最近スーザンが料理を作らない。(^_^;)
    にしても、今年の冬は寒いぞ。





アイディア料理ネットワーク


最近の記事+コメント


カテゴリー


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カレンダー

03 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
落ちぶれて売りたる銀の燭台が置かれてありぬ床の広きに   佐伯裕子

チーズを垂らした長芋は太い蝋燭のようでもある。

●イモチーズ
イモ

皮を剥いて筒状の長イモをチン。完全に火を通す。
頭から醤油をタラり。
ピザチーズを載せてグラタン皿、オーブントースターで焼き目をつける。
青みを飾る。
ビールのツマミに最高だ。

クリックFC2 ブログランキンング 応援よろしく

やさしさに似た父の怯懦思うとき斜めに破(や)れるベルマーク2点   十谷あとり

今日もチンの話だ。
素材は火の通り方が違う。
そのための技術として炒め物の油通しや湯通しはあるのだろう。
ならばスーザンは電磁波通しを提案したい。

根菜を電子レンジで下ごしらえすれば炒め物の素材として活用できる。
炒め物の世界は豊かになり新しい料理も多く生まれる。
と、そんな三品。
長いも、じゃが芋、大根、外見が似ているのがおもしろい。

●長いもと豆竹輪の炒め物
長いも

長芋、長ネギ、豆竹輪、同じくらいの大きさのコロコロに切る。
長芋はチンで加熱。
胡麻油で、長芋、長ネギ、豆竹輪、カシューナッツをいため合わせる。
塩、砂糖、ナンプラー、胡椒、五香粉パラリ。
思い切り甘くしてみるのも、よい。

●じゃが芋のカレー風
じゃが芋


じゃが芋はチンで加熱。
玉葱、ピーマン、エリンギをオリーブ油で炒める。
じゃが芋を加える。
カレー粉、醤油、トマトケチャップで調味。

●大根のタイ風
大根


大根とアブラナははチンで加熱。
長ネギ、エリンギ、大根、アブラナを炒める。
醤油、ナンプラー、パプリカ、胡椒で調味。

クリックFC2 ブログランキンング 応援よろしく

納豆がね残っているのよ少しだけ大豆電話の糸つなげましょう   田川みちこ

アボガドはサラダとも和え物ともいえぬジャンルを作り出した。和でも洋でもいける不思議な野菜だ。

●ジャガアボパセリソース温野菜
ジャガアボ

じゃが芋はチンしたもの。
パセリソースは、パセリ・オリーブ油・食塩・バルサミコ酢・胡椒をミルサーで。

●アボ納豆
アボ納豆

納豆、アボガド、青葱を散らす。
味はわさび醤油。

●アボ鶏
アボ鶏

茹でた鶏、アボガド、マユネーズを和えパセリを散らす。
さらに紫キャベツのスプラウトをトッピング。

●アボ・トリコロール
・トリコロール

チンしたじゃが芋、トマト、アボガド、マユネーズをかける。
三つ葉をたっぷりトッピング。

クリックFC2 ブログランキンング 応援よろしく
例えば 羊のようかもしれぬ草の上に押さえてみれば君の力も   平井弘

肉や魚の場合、店頭に出て一定の時間売れないと値段が下がる。スーザンの行くスーパーは最大50%引きになる。
と、それで購入したラム肉のその後の物語である。
ラムスキヤキを作ったらどうなるのか、流行っていないところをみると不味いのだろう。ここでやってみるのがB食ならではである。

●1日目 冒険野郎はぜひ挑戦、ラムスキヤキ。
ラム

キノコはエリンギ、長ネギに代えて玉葱、白菜に替えてキャベツ、豆腐を入れセリをいれ、白滝は省略。
作りかた、味付けは牛肉と同じ。
ナベが食べごろの頃、「動物園の臭いがしない」っと鯛蔵のひとこと。
以下略。

●2日目 気分はトルコの裏町。
ラム

二日目は慎重に。
香辛料を多用することにした。
玉葱、ナス、ラムを炒める。
味付けは醤油、ナンプラー、塩、味醂。
カレー粉とパプリカをかける。
うん、うまかーーー。

クリックFC2 ブログランキンング 応援よろしく

テーマ : 簡単レシピ - ジャンル : グルメ

アンモナイトサラダをつめたく召し上がれ朝の砂丘をこえてくる声   井辻朱美

サラダは野菜の取り合わせとドレッシングだけで決まるものだ。
そのどちらを考えるのも楽しい。

●緑のサラダ
緑

トマト・キャベツ・パセリ。
ドレッシングはマヨネーズベースに摺り胡麻醤油、何のことはない、餃子ソースと同じだ。

●白のサラダ
白

大根はうっすら塩をかけ手で絞る。長芋は千本に、柚子の皮もは小さく切る。
全部を和えて、柚子の果汁、白醤油、塩を混ぜて作ったドレッシングをかける。

クリックFC2 ブログランキンング 応援よろしく
磨くことに無心になりて汗しとどレンジが光り景色が映る   和甫

B食は特定の一つの料理のレシピではない。ある性質の食材に何か一手間かけたら美味いもんが簡単にできるんじゃないか。そういうパターンの提案ブログでありたいと思っている。
前年の焼き物もマリネ…も、みなそうであった。素材はたまたまスーザンはそれを使ったけれど、ご覧になった方がそれぞれの台所の都合で変えて結構。逆にそこが面白いのでないのかと思う。
今年は主張を少し前面に出した書き方にしたい。皆さまがアレンジした料理を作ってくださったら是非ご紹介して欲しい。
スーザン本年の理屈度130%(当社比)。(^_^;)

で、お題。根菜はチンすると簡単に火が通る。そのまんまじゃ味気ないのでソースをかけて一品にならぬかというアイディアだ。塩を振りかけただけでもソース。ドレッシングでも、手間かけた餡でもソースと考える。
今日の一品。根菜は人参、サトイモ、共に正月野菜の残り。ソースの素材は2日のサラダに使った蟹缶の残り。ありぃ、結局スーザン料理のスタートは残り物の始末のようだ。

●人参とサトイモ蟹餡かけ。
チン餡

サトイモは1個を2つに縦割り。人参は太いところを適当な長さ4つに縦割り。
サトイモと人参を電子レンジで100%火を通す。同時で上手くいった。
サトイモ1片、人参2片、ゆで卵半個が1人前。
蟹缶に水、ヴィヨンの素、薄口醤油、塩を加え、片栗でトロミをつける。青葱を混ぜ込む。
皿に並べた根菜にかけ青みを飾って出来上がり。
少しダイナミック過ぎたかな。盛り付け等、次回に改善。

クリックFC2 ブログランキンング 応援よろしく

テーマ : 簡単レシピ - ジャンル : グルメ

 | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。