プロフィール

スーザン@ヤル気!

  • Author:スーザン@ヤル気!
  • スーザンの家庭料理と同居人鯛蔵の辛口の評を笑い飛ばすのがコンセプトだったが、最近スーザンが料理を作らない。(^_^;)
    にしても、今年の冬は寒いぞ。





アイディア料理ネットワーク


最近の記事+コメント


カテゴリー


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
坊ちゃんカボチャスーザンは甘いものも好きだ。でも酒肴ほどこだわりはない。小倉の桜アンパンがあれば幸せという単純舌を持っている。だからスイーツは作ったことがない。先日のUFOケーキが初体験と言って良い。
と、そこでぼっちゃんカボチャ。これは最近巡りあった食材の中で間違いなくNO1だ。洋風クリームシチューを詰めて美味かった。和風挽き肉餡も成功。こうなれば後はお菓子しかないだろう。
坊ちゃんカボチャは写真のように小さい。しかも、今回写っているのは比較的大き目の坊ちゃんだ。
さて、菓子を作ると決めたもののどうしてよいか迷う。特性を活かせばやはり詰め物だろう。坊ちゃんは中をくり抜くために初めレンジでほとんど火を入れてしまう。詰め物のために更に長時間オーブンで焼くのはどうかなと考えた。そこでタネは生でも食べられるものにした。何のことはない、ほとんどチーズケーキのレシピだ。

●タネ
クリームチーズ100g、玉子1個、グラニュー糖適量(結構入れた)、ヨーグルト大匙1、レモン汁
よく混ぜます。(^^)
●カボチャの準備
大きさによるがレンジ3分から5分で完全に火が通る。今回は後でオーブンで焼くので固めに仕上げる。
上1/4位で輪切りにしてスプーンで種子を抜く。火入れが浅くて固いと種子が上手く取れない。逆にレンジに長くかけ過ぎると崩れる。
●調理
種子をくり抜いたカボチャにタネを流し込む。
180℃のオーブンにかける。
40分をセットしたが、表面のこげ色が濃くなったので30分で出した。
タネの頂上は甘食のよう、中身はカスタードクリームの形状。雲仙普賢岳のようだ。
●味
そりゃー、美味しいよ。

クリックFC2 ブログランキンング 応援よろしく

出来た割った

テーマ : スイーツ - ジャンル : グルメ

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。