プロフィール

スーザン@ヤル気!

  • Author:スーザン@ヤル気!
  • スーザンの家庭料理と同居人鯛蔵の辛口の評を笑い飛ばすのがコンセプトだったが、最近スーザンが料理を作らない。(^_^;)
    にしても、今年の冬は寒いぞ。





アイディア料理ネットワーク


最近の記事+コメント


カテゴリー


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カレンダー

05 | 2006/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は過去の失敗作をひとつ。粉砕狂時代に作ったポテトソースだ。野菜に野菜ソースをかけるヘルシーな企画である。アイディアはよかったのにね。
ポテトはチンして、オリーブ油を加えて粉砕。塩胡椒で調味。
味はいまいちだったなぁ。焼き椎茸は普通に美味かったが何もこんなソースかけなくてもという感じ。アスパラは筋張っていた。
盛り付けがしょぼい。

二階のベランダに這い登ってきたノウゼンカズラが咲いた。夏の色だ。

クリックFC2 ブログランキンング 応援よろしく

ポテトソースノウゼンカズラ

テーマ : 簡単レシピ - ジャンル : グルメ

アボガドは可能性を秘めた野菜だ。その割に認知されていないような気がする。もっとみんな食べて欲しい。今日はアボガドくんガンバレの気持ちを込めて二品をご紹介する。
●アボイカ
これはソース的な使い方。アボガドは魚でも肉でも何でも受け止める包容力を持っている。調味料も和洋を問わない。
スルメイカ小をボイルして、ワサビ・醤油・アボガドを和える。香菜的な緑があるとさらに美味しくなる。
三つ葉を使ってみた。
●冷たいアボガドスープ
おろし玉葱・ヴィヨン(顆粒)を水に溶かし10分弱煮詰め、冷やしておく。
粉砕したアボガド(ミルサーでもミキサーでも)・ミルク・レモン汁を合わせる。
塩味を補正し、クルトン(もどき)を飾る。
スープというか、ポタージュ風だが高貴な味がする。どうしよう、美味いよ。(汗)

クリックFC2 ブログランキンング 応援よろしく

アボイカスープ

テーマ : 簡単レシピ - ジャンル : グルメ

焼肉はめったにやらない。昨日はスーザン家ではレアな献立。相方が食べぬせいもあるが、自身も肉を食べる気が失せてきたのも事実だ。
とは言え、能書きを綴るのがブログのお約束。ちょこっと書いてみる。
●焼くものを下ごしらえする
ジャガイモや人参などの根菜は電子レンジで加熱しておき、鉄板では焦げ目だけつける。写真のアスパラと玉葱は八割方火が通っている。こうすれば大きな塊の玉葱の甘いジューシーな味わいを楽しむことができる。
●たれ
スーザンは焼肉のたれを使わない。
今日は3種、右からポン酢、ピリ辛胡麻だれ、塩レモンだ。
市販のソースをブレンドしたり、ササッと作ったり。塩レモンはレモン汁に塩を入れただけの単純なたれだ。

あるとき、友人たちとバーベキューをしたことがあった。ちょうど米国から一時帰国の人がいて、彼の地のバーベキューソースをいくつか持ってきていた。
みんな初めこそお世辞半分に「美味い、美味い」と言っていたが、結局最後に人気を集めたのはミツカンポン酢だった。(笑)


クリックFC2 ブログランキンング 応援よろしく

鉄板たれ

テーマ : 簡単レシピ - ジャンル : グルメ

シチューの素(顆粒)を愛用している。ホワイトソースの代用に使うと一見手の込んだ料理があっという間にできる。

●クリームソーズのペンネ
微塵切りのニンニクをオリーブ油で香たつまで炒め、チンしたアスパラ、オクラ、ブナシメジを加える。
ミルクを加えて、シチューの素でとろみをつける。
塩味を補正、茹で上げたペンネを和える。
乾燥バジルを散らす。
●ポテトグラタン
オリーブ油でチンしたジャガイモ、トマト、エリンギを炒める。
ミルクを加えて、シチューの素でとろみをつける。
たっぷりのチーズを載せてオーブントースターで焦げ目をつける。
乾燥バジルを散らす。
まとめ
2つとも、時間も技も費用もかからぬ料理。肉を使わなくても済むのもいい。
ペンネはちょっとチープな子供だましの味。
グラタンは料理用のトマトがいい味を出していた、色も綺麗だ。このトマトは小ぶりで紡錘形のやつ、荷崩れしない。チーズを奮発したこともあり、その辺のレストランには負けぬ味だ。

クリックFC2 ブログランキンング 応援よろしく

肉豆腐1肉豆腐2

テーマ : 簡単レシピ - ジャンル : グルメ

肉豆腐は定番料理、よく作る。あえて作り方を説明するまでもないが…。
材料をスキヤキのような具合に鍋に敷いておいて、上から割下をかけて10分。
すぐに食べられる。出来不出来もない。(^^)
肉は牛肉がほんとうなのかな。スーザンは豚のばら肉。
割下は味醂・醤油・和風だし(顆粒)・三温糖を適当に混ぜる。
左は標準の組み合わせ。右は小松菜を入れてみた。
翌日の朝残ったのを食べるのも楽しい。
崩れた豆腐の陰から思いもかけず肉が出てきて嬉しくなるのは昔の子の証拠だろう。

クリックFC2 ブログランキンング 応援よろしく

肉豆腐1肉豆腐2

テーマ : 簡単レシピ - ジャンル : グルメ

トウガン冬瓜を切ったものが手ごろな値段でスーパーに並べられていた。
宴会の中国料理で2,3回は食べたことがあるようなないような。もちろん、調理経験は無い。
干貝柱の利用方法を考えていたのでトウガンのスープを作ってみた。冬瓜はそれ自体味は無い。出汁を含ませるスポンジの役目だな。
●材料3人前くらい
 冬瓜1/8ピース、干貝柱5個、干椎茸大3個、ネギ1本、オクラ、塩、ナンプラー少々、醤油少々。
●作り方
 冬瓜はタネの部分をスプーンで取り、1cm弱の厚みで食べやすい大きさに切る。
 貝柱は2日、椎茸も数時間、水にもどす。
 ザク切りのネギ、貝柱、椎茸を十分出汁が出るまで煮る。もどした水はもちろん使う。
 トウガンは透明になるまで下茹でしてから加える。
 塩で調味。ナンプラーと醤油を隠し味的に垂らす。
 水溶き片栗でゆるくトロミをつけ、青みにオクラを飾る。

クリックFC2 ブログランキンング 応援よろしく

テーマ : 簡単レシピ - ジャンル : グルメ

パンやピザの生地が電子レンジで簡単にできるらしい。
かなえさんのパンの記事を読んで似たようなもの作りたくなった。(^^)
http://kanaetti.blog59.fc2.com/blog-date-20060617.html

と、そこに虹蔵から今日は帰るよの連絡。じゃ、ピザでも作ってみるか。
初めて作るものはていねいにしようと思う。思いながら好い加減なのがスーザン、ただ、生地の材料の計量だけはきちんとした。
トマトチーズ








●生地
強力粉200g、塩少々、砂糖少々、ドライイースト8g、ミルク150ml、バター少々
耐熱容器にミルクとバターを少々入れレンジで人肌に温める。
ドライイースト、塩、砂糖を上に加えよく混ぜる。
粉を1/3入れ、混ぜる。
残りの粉2/3を入れ、さっくりまぜてレンジで30秒チン。
こねる必要はないらしい電子レンジ醗酵の不思議なところ。
保温して15分くらいねかせる。(1次醗酵)
生地に成型、20cm径のピザが二枚できる。
●トマトピザ
ニンニクと鷹の爪をオリーブ油で炒める。調理用のトマトを入れ炒める。
塩で調味。
耐熱皿に生地を置き、トマトソースを置きピザ用ミックスチーズをたっぷりかける。
●チーズピザ
生地にベーコン、オクラ、エリンギを置き、モッツェラレラチーズをかける。
◎焼く
190℃で20分。

美味しい簡単、時間もかからないがキッチンが汚れたな。(^_^;)

テーマ : レシピ大集合! - ジャンル : グルメ

アボインゲン安い食材を求めて歩き回ることができない。毎日、同じスーパーで買い物をしている。当然、ものの値段がわかるようになる。生鮮食品の値幅は非常に大きい。極言すればスーザンの献立は底値をつけた素材の組み合わせで成りたっている。
アボガドの購入境界値は100円だ。と、いつもの売り場で98円。うん、迷わず買い物籠に入れる。
インゲンはラップを巻いてレンジでチン、冷水にさらす。
アボガドを潰して塩・胡椒・レモン汁を加えペースト状のソースを作る。
インゲンにアボソースをからめてハムを載せる。
3分でおかずにもツマミにもなる一品が完成だ。
二人分300円もかかっていない。写真は一人前。

テーマ : 簡単レシピ - ジャンル : グルメ

頂き物、シリーズ第四弾だ。これも鶏ハムの化けたものである。
思えば鶏ハムにかけよの謎だったのかも。
ヨーグルトやパンケーキに使うのはあまりに普通なので、豚肉のソテーにかけてみた。
そういえば豚のロース肉を調理するのは1年ぶりくらいか。とても好きなのだが。
肉は叩くこと。肉叩きなんてないので包丁の背で繊維に直角にとんとんとんん。
塩胡椒してフライパンで焼いただけの料理。
出来上がりは見ての通り。豚の脂とソースの甘さが絶妙。
ソースお肉

テーマ : 簡単レシピ - ジャンル : グルメ

頂き物、シリーズ第三弾だ。わらしべ長者シリーズ第1弾でもある。
鶏ハム熱中時代スーザンは、いっそ鶏ハム職人で身を立てようと考えた。(嘘)
なにせちょいとお配りするとすごいお返しがくる。今日の素材はそのひとつ干し貝柱だ。おいおい、たかが胸肉ごときで、こんなええもん貰ってよいのか。
飴色に輝く大粒の貝柱見ておくれ。胸が躍るよ。
貝柱あんかけ









貝柱をもどす。二日は必要。
ハム、貝柱、椎茸、微塵のネギ、生姜少々を胡麻油で炒める。
戻し汁を加える、塩、醤油少々で味をつける。
別に湯通しした青梗菜を加え、汁をなじませる。
水溶き片栗でとろみをつける。
皿に一人分の豆腐を乗せ、レンジでチン。
出た水気はペーパータオルで拭う。
帆立餡をかけて完成。

文句無く美味かったぞ、○ぃちゃん。m(__)m

テーマ : 簡単レシピ - ジャンル : グルメ

頂き物、シリーズ第二弾だ。
北欧旅行のお土産。チューブキャビア。キャビアというてもチョウザメに非ず。スウェーデンでは魚卵をみなキャビアと言うらしい。
どう見てもこれは歯磨きだ。けれど、中身はタラコペースト、彼の国ではこれをパンに塗る。茹で卵に載せても美味いという。
チューブポテト









スーザンの定番、ポテチンに載せオーブントースターで焼く。何とも安直な一品に仕立ててみた。
ジャガイモは皮を剥いて食べる大きさに切り電子レンジでふかす。スーザンは何かの景品で貰った蒸し丸くんというレンジ用の蒸し器を愛用している。
チューブからペーストを搾り出しジャガイモに塗ってオーブントースターで焼き色をつける。
実は付け合せの方が手がかかっている。塩もみのキュウリに素焼きした椎茸を加えオリーブ油とレモン汁で和えた。生のものと加熱したものを合わせてサラダとも和え物ともつかぬものを作るのを、スーザンは好んでいる。
キャビアにはタラコをベースにしっかりと味が付いている。塩気はもちろん甘みも感じる。
洋風朝食も、こういうアクセント的素材があれば豊かに広がる。しばらく楽しめるな。
これは、Mさん、ありがとうございました。m(__)m

おまけに百合のモモコの写真を載せよう。スーザンはやはり庭仕事をさぼっていて、地面スレスレで咲いている。
モモコよ。生まれた場所が悪かったのだ。諦めておくれ。
606203.jpg

B食を始めてから珍しい食材を人に頂くことがある。ありがたい話だ。
先日、ルバーブという野菜を分けてくださった方がいる。
和名は食用大黄、見かけは蕗のようにも見える。生食でサラダにも使えるらしい。
ただ一般にはジャム。ネットにもレシピが沢山見つかった。
ルバーブジャム









ルバーブをザクザク切っていく。繊維は固そうだし、こんなんでジャムできるんかい、が率直な感想だ。
これを弱火、無水で熱を加えていく。やはりテフロン加工の鍋がいいだろう。
しばらくすると角が取れて周囲からとろけてくる。レモン汁少々と白ワインも少し風味付けに加える。砂糖を入れ始めるタイミングは少しとろけ始めた頃がいいと思う。焦げやすいからね。
10分もすればドロドロ見かけはすっかりジャムである。砂糖は徐々に増量して、最後はお好みだ。保存を考えてスーザン的には甘めに仕上げた。
ヨーグルトの上に載せるには最適。パイなどに利用できそう。
味は鯛蔵がコメントするはずだ。

Nさん、Mさん。とても美味しくいただいております。
どうもありがとうございました。m(__)m
ゆり忙しくても暇でも季節は巡る。
庭に百合が咲いたが雨露を受け自分の重みで倒れてしまった。ずぼらなスーザンが支柱をしっかりせぬのが悪いのだ。反省。
花瓶にさしたら蕾が次々と開く。たくましいものだと思う。








梅梅酒









庭に白梅がある。主幹には大きな虚ろがあって、いつ枯れてもおかしくない。そんな老梅が今年も大粒の実を、沢山ではないが付けてくれた。
鯛蔵が梅酒を仕込んだ。氷砂糖の代わりに蜂蜜を使うのが鯛蔵流。
小さいのが昨日、大きい方が今日の仕事だ。梅の色は1日でこんなに変わるのだな。
遠景に古い梅酒が小さく写っている。写真係の鯛蔵の演出だろう。
ボンカレー多忙でブログを書くどころか夕食も作れぬスーザン。鯛蔵の欠食が気になるところだ。





ツナソースお肉に野菜のソースをかける。これは普通の考えだ。
逆に野菜に動物性のソースをかけたらどうなるか。うん、マヨネーズはそうだね。
一歩進んで、お魚をソースにしてみた。といっても、アンチョビような高級素材ではない。
よくスーパーで5缶まとめて売っているツナ缶だ。今回はノンノイルを使った。
●作り方
ツナ、オリーブ油、水少々、塩胡椒を攪拌。分量は試行錯誤すべし。
ミルサーでは2回に分けた。
ジャガイモをレンジでチンして、ソースをかける。
バジルを振りかけるパラパラ。
 ちょっとおされでないの。
調理時間、5分。材料費2人分160円。

テーマ : 簡単レシピ - ジャンル : グルメ

2分間クッキング厚揚げ。ちょっとした酒のアテに、ご飯のおかずにも良い。
おまけに腕は要らない簡単料理。
見た目よりずっと美味い。味噌ってダシ要らずのすごい調味料だとしみじみ思う。
●作り方
サイコロに切った厚揚げをチン。
青葱を微塵と味噌・酢・味醂・砂糖のたれでゆるい葱味噌を作る。
熱い厚揚げに葱味噌をまぶす。
調理時間、2分。材料費2人分120円。

テーマ : 簡単レシピ - ジャンル : グルメ

カボチャスープレどうも見た目はイマイチである。まだミルサー、どの大きさまでだいじょうぶとか量はどこまでとか掴み切れていない。もっと綺麗にクリーミーにできるんだろう。味の方は存外によい、優しく身体にしみとおる。弱っているときのメニューに好適だ。
●作り方
カボチャをチン。小さくきり水を入れて何回かに分けて粉砕。ハムと椎茸は薄く切って入れる。ヴィヨン(顆粒)と塩味だけで調味。
調理時間、15分。材料費三人分180円。

テーマ : 簡単レシピ - ジャンル : グルメ

サラダをスープにレタス・ミニトマト・玉葱・ハム。サラダの材料だ。もともと生食の素材、長く煮込む必要は無い。
忙しい朝にもさっとできる。
●作り方
ヴィヨン(顆粒)で作ったスープに玉葱の微塵、四つ切のミニトマト、ハムを入れる。油は使わない。
時間差を付けてレタスを入れる。
レタスがしんなりしたら、塩胡椒で味を調えできあがり。
青みを散らす。
レモン汁や、ビネガーなど酸味を一滴垂らすと味に深みが出る。
調理時間、10分。材料費二人分100円。

テーマ : 簡単レシピ - ジャンル : グルメ

ペンネ@グリーンソースグリーンソースはどのくらい持つものだろうか。塩味薄いし玉葱入ってるしと、これは持たない要因。オイルベースだからね、これは持つ要因。冷蔵庫で4~5日が賞味期限が、スーザン野性の勘。
今日はペンネにかけてみた。上にはモッツラレラチーズをたっぷり。かんたん、しかもちょう美味い。手間もペンネを茹でる10分だけだ。
●グリーンソースのおさらい
パセリは一束。玉葱1/8個。オリーブ油1/3カップ。バルサミコ大匙1弱。塩、胡椒。
ミルサーで攪拌するだけ。
ガラス容器ごと使い切るまで冷蔵庫で保存できる。

テーマ : 簡単レシピ - ジャンル : グルメ

レンズ豆せんべいレンズ豆せんべい









たまに覗くエスニックなお店でおもしろい食材を見つけた。インド産、レンズ豆で作ったせんべいだそうだ。説明には揚げるようなことが書いてある。そこは適当、いつものように多目の油で炒めて誤魔化す。
見た目、油っぽいが実際はそうでもない。塩味の素朴な味がする。先日のタイカレーが残っていたのでつけて食べる。
結論、あんまり美味いものではない。次はオリジナルな使い方をしてみようか。

テーマ : 変な食べ物 - ジャンル : グルメ

 | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。