プロフィール

スーザン@ヤル気!

  • Author:スーザン@ヤル気!
  • スーザンの家庭料理と同居人鯛蔵の辛口の評を笑い飛ばすのがコンセプトだったが、最近スーザンが料理を作らない。(^_^;)
    にしても、今年の冬は寒いぞ。





アイディア料理ネットワーク


最近の記事+コメント


カテゴリー


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カレンダー

10 | 2006/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
冷蔵庫ひらきてみれば鶏卵は墓のしずけさもちて並べり   大滝和子

マヨネーズは便利な調味料。添加物の塊のような気もするが忙しいときはつい使ってしまう。ゆで卵とやはり茹でたブロッコリーにマヨネーズを和える。ピザ用チーズを振りかけてオーブントースターで焼いただけ。
あっというまに出来るし見栄えも良い。

マヨ焼き


クリックFC2 ブログランキンング 応援よろしく

テーマ : 簡単レシピ - ジャンル : グルメ

八月は水のように瓜のようにかすかになまぐさくなつかしく   佐藤弓生

ズッキーニは胡瓜のよな糸瓜の子のようなものであった。レシピを見ても特に食べたいものも見当たらず、帆立の貝柱と中華風の炒め物にしてみた。餡は普通に美味しかったが、ズッキーニ方は…
どなたかお薦めの調理法教えて欲しい。

ズッキーニ


クリックFC2 ブログランキンング 応援よろしく

テーマ : 簡単レシピ - ジャンル : グルメ

神とひととのかんけいは夏のぼくたちのゆうあいになるトマト交配   杉山モナミ

スーパーに小型のイカが出回っている。ヒイカという。丸ごと食べられるのかも知れぬが一応手で処理。腸を洗い、不要部分は鋏で切り捨てた。
トマト味のパスタを作った。

パスタ


オリーブ油で刻みニンニクを炒める。
鷹の爪をホールで二本。
トマト1個を乱きりにして炒める。
基本の塩味をつける。
ヒイカを加える、あまり火を通しすぎてはいけない。
茹で上げたパスタを合わせ、塩味の補正。
火を止めて青みの水菜を混ぜ込む。


クリックFC2 ブログランキンング 応援よろしく

テーマ : 簡単レシピ - ジャンル : グルメ

大空にいとしと芋を煮ころがす   津沢マサ子

さといも
八つ頭をいただいた。普段、あまり手にしない素材だ。
ネットで調べる。水から煮て流水で洗う下処理をする。
後は普通の煮物と同じ。ホクホクして美味しゅうございました。


クリックFC2 ブログランキンング 応援よろしく

テーマ : 簡単レシピ - ジャンル : グルメ

焼きますか?とやさしく問われ頷いたような気もする秋の日曜   東直子

焼きうどん
夕飯にこれ切りはさびしい気もするが。麺の一品ものは準備するものには最もありがたい。

野菜はたっぷり、白菜、モヤシ、シメジ。
肉は使わず豆竹輪。←スーザン竹輪好き。(^_^;)
うどんは冷凍麺。前もって流水で解凍。
胡麻油で材料を炒める。
ヴィヨンぱらぱら、醤油、ソースで調味。
最後にしっかり胡椒。青みを飾る。

クリックFC2 ブログランキンング 応援よろしく

テーマ : 簡単レシピ - ジャンル : グルメ

干からびた肉といつしよに見つかつた古いともだち冷蔵庫の中   村本希理子

肉はあまり食べぬが、まったく食卓に上らない訳ではない。中華風の炒め物にときどき登場する。
さて、スーザンは片栗でとろみをつけるのが好きだ。餡状にならなくて緩いトロミでも味にコクがでる。
何より味が絡むので薄味で済むという利点がある。

挽き肉と豆腐
材料はとりどり。これは挽き肉と豆腐が主役。でもマーボではないぞ。葱とピーマンと舞茸も入っている。味付けは醤油、少し砂糖も、それから酢。鷹の爪も少々、ピリリなのだ。

牛肉
これは水溶き片栗ではなく、牛肉を味醂醤油につけ片栗がまぶしてある。炒めるとトロミに変化。安いお肉が美味しく食べられる。
アスパラは下ごしらえとしてチンしてある。茹でると早いが炒めると日が通りにくい野菜だ。

クリックFC2 ブログランキンング 応援よろしく

テーマ : 簡単レシピ - ジャンル : グルメ

始業ベル背中に浴びて走りにき高野豆腐の湿る廊下を   石川美南

寒椿

暖かい東京ですが寒椿が咲きました。
昨日に引き続き簡単豆腐一品料理。今日は焼き物です。油は何を使ってもいいのですが、オリーブ油がお薦め。カラリと仕上がります。エキストラバージンの方をお使いください。醤油等の和の味付けにも問題なくあいます。

ギョーザ
ギョーザの皮でサンドイッチした。皮がパリンとして美味しい。難点として、豆腐の中まで熱くなるまでけっこう時間がかかる。醤油をかけて食べるのが無難。

ムニエル
これはただ小麦粉をまぶしてオリーブオイルで焼いたもの、超簡単。アツアツに生醤油をかけて食べる。
どちらも豆腐の水気をよくとること。多分、料理の上手い下手はこの一手間をかけるかどうかで決まるのだろう。スーザンはペーパータオルでくるんで上から重石。

クリックFC2 ブログランキンング 応援よろしく

テーマ : 簡単レシピ - ジャンル : グルメ

子どもたちみな魔女になれ三月の豆腐屋さんのおとうふうふふ   佐藤弓生

豆腐

豆腐は一年中大活躍。鍋の名優のひとりだ。
単品で食べても夏はヤッコで飽きなかった。さすがに師走近くなれば温かいものが恋しい。そこで超簡単豆腐の一品。

だし汁に味醂・砂糖・醤油でうどんの汁よりは濃い目に味付け。
大根おろしを入れる。
豆腐は器に入れたまま、チン。
中まで十分熱くする。
水気を捨てて、作った汁をかけ完成。
豆腐を鍋で煮込まないのがコツである。

クリックFC2 ブログランキンング 応援よろしく

テーマ : 簡単レシピ - ジャンル : グルメ

歌舞伎座の裏のカレー屋りんりんと福神漬けを盛りあげて春   井辻朱美

できました ひと夏分の夕焼けを煮込んで作ったカレーライスが   植松大雄

俳優の卵がカレーの大盛を食いながら読むジャンプは臭い   千葉聡

ルー
レッドカレーがあまりに辛くてそのままにされたイエローは半年泣いていたがスーザンの咽元がようやく辛さを忘れた初冬のある日、いよいよ出番が回ってきたとて、やはり冷蔵庫の扉の陰でうつむいていたココナツミルクと明るいところに引き出されてさてどんなことに鳴るとの渦潮。

1日目
1日目
チキンとニンジンと玉葱とマッシュルームよく炒めてルーを入れる。カップ一杯弱のココナツミルクを入れる。水を少し追加。
いやぁーーー。かりぃーーーーーーー。
3人で食して1/3ほど余る。

2日目
2日目
昨日の残りに、ピーマンとパセリとトマト1個を入れ煮込む。カップ一杯弱のココナツミルクを入れる。水を少し追加。
うん、ちょうどいいんじゃないでしょうか。
二人前になりました。

クリックFC2 ブログランキンング 応援よろしく

テーマ : レシピ大集合! - ジャンル : グルメ

主食にはなりそうもない品々がままごとのように並ぶ食卓   松村正直

とある所で手討ちうどんを作る集まりが合って行って来ました。武蔵野風田舎手打ちうどん師範(嘘)の、地元のおばちゃんが講師です。


先生のコネの実演。水はもっと入れたい所ですが我慢我慢なのです。


こちらではかき揚げの準備。
千本に切った大根をさっとゆがいたものを作っています。カテといってご飯の増量剤ですが、今はうどんのトッピングにしています。


手元を見つめる青年の真剣なまなざしをご覧あれ。
麺棒で伸ばしているところ。なかなか綺麗な円形になってくれません。


できあがった天ぷらを並べたところ。
ズラーリと、ほんとうに美味しそうです。


 こちらデザートの茹で饅頭。上新粉に餡を入れて茹で上げたもの。


 はい、一人前です。写真では見えませんがほうれん草の茹でたものも山積みになっています。
いやぁー、うどんの美味しいのなんのって、手作り、それも自分たちで作ったんですから。あっという間に完食。
スーザンはうどんのお代わりをしてしまいました。

ぼくたちは失敗のあとを生きてゐるポットにティーの葉ををどらせて   魚村晋太郎

B食のボツネタ。
失敗作と見栄えの悪いやつの特集だ。味は必ずしも悪かったわけではない。

キクラゲ
これはキクラゲとモヤシと卵の炒め物。キクラゲに卵がまつわりついてなんだか汚らしい。チリパウダーの紅色もマイナスに作用しているようだ。
味はよく覚えていないが、不味くはなかったと思う。

ほうれんそう
肉厚な縮みほうれん草は、冬場だけお店に出る。味わい深いが色も黒く見た目はいまいち。
玉子とじは火を切って蓋をし余熱で固まらすのがやり方。この時は並行して作っていた鍋にかかりきりで切ったつもりの火がついていた。普通に作っても、ルックスが問題なのに加熱し過ぎ。
味はちょっと黴っぽい味がした。これは調理の失敗ではなく、土壌の加減かほうれん草はときどき黴臭いことがある。スーザン家では仏様の味がすると言う。鯛蔵はこれが苦手で、この一皿も卵中心に食べていたようだ。

キノコ
派手に焦がしてしまった。家のオーブントースター、ちょっと不良品で上火が異常に強すぎる。
いつものように鍋であらかた作って、チーズに焦げ目をつけるだけだった筈が…。
上にかけたパン粉の部分が真っ黒に炭化してしまった。
写真はお焦げをこそぎとってパセリでごまかしたもの。
味は普通に美味しかった。

ピーマン
ピーマンがピカピカとオイリッシュ。実はこれ、肉詰め。下に隠れて見えない。
味はグー。盛り付けの失敗といえよう。

クリックFC2 ブログランキンング 応援よろしく

テーマ : 簡単レシピ - ジャンル : グルメ

少年の放心葱畑に陽が赤い   金子兜太

葱
太い泥葱が束で売られるようになった。大根と同じ冬の味覚である。剥いて洗いたてた葱よりも遥かに安いのが嬉しい。
太い葱が中がとろりとジューシーで甘いのは、すき焼きなどにすれば無論美味い。しかし和葱を洋風に食べるのもまたよし。

葱は斜めに大振りに切る。
葱を、チンで予備調理したじゃがいもとオリーブ油で炒める。
少し遅れて椎茸を入れる。
塩胡椒で調味。
ピザ用チーズをかけてオーブントースターにかける。
バジルを飾る。

クリックFC2 ブログランキンング 応援よろしく

テーマ : 簡単レシピ - ジャンル : グルメ

茹で加減よろしきパスタ半分こ模様のちがふ皿に移しぬ   高木孝

パスタ
スーザン家は量を食べぬゆえに材料を余すことが多い。結果、それは品を変えて翌日の献立に加わることになる。
コーンクリームは便利な素材だ。かんたんにソースができる。相棒にはエリンギとペンネ。さてどんな料理ができますやら。

ニンニクをオリーブ油で香り立たせる。
エリンギを炒める。
コーンクリームを加えミルクで展ばし、玉葱の微塵を加える。
玉葱は薬味風に、あまり火を通さず量も控えめ。
塩胡椒で調味、火を止める。
茹で上がったペンネと細かく切った水菜を合わせる。
レッドキャベツのスプラウトをトッピング。


クリックFC2 ブログランキンング 応援よろしく

テーマ : 簡単レシピ - ジャンル : グルメ

焼き肉とグラタンが好きという少女よ私はあなたのお父さんが好き   俵万智

白菜
B食は最小限にしか肉は使わない。
スーザンは厳格な仏教徒ではないが…
健康のために動物性蛋白を控えている方は多いだろう。
トンコツラーメンの好きなスーザンはこっちもは好い加減。
まぁ、肉より野菜の方がいいだろうとぼんやり思う程度だ。

で、豆腐をソテーして海苔を貼って餡をかけ、蒲焼だとか言っちゃうのは大好き。
今日のメニューは、そこまでの面白さに欠けるが食べて美味しい中華風の炒め物だ。
ポイントはひとつポタージュに用いるコーンクリームを使うことだ。白菜とは相性がピタリ、添加されているコーンスターチの所為で餡かけのような照りがでる。肉を使わなくてもコッテリ感を味わうことができる。

白菜,長ネギ,キクラゲ,椎茸を胡麻油で炒める。
野菜ヴィヨン(顆粒)を加える。
塩・胡椒で薄く味をつける。
缶詰のクリームコーンを適宜炒め合わせる。
味を調えて完成。

クリックFC2 ブログランキンング 応援よろしく

テーマ : 簡単レシピ - ジャンル : グルメ

男色より酢よりさびしきもの視つめ医師のひとみのうちの万緑   塚本邦雄

B食を始めて多く作るようになったのは断然マリネだ。これはアボガドを食材として知ったことによる。ほとんどのマリネにアボガドを使った。
マリネは魚、香味野菜、油、酢、塩味の総合。組み合わせを変えればナンボでも世界はひろがる。
マリネ1

ひとつめはシンプルに蛸、玉葱、バルサミコ、オリーブ油、塩味、バジルを飾る。
玉葱は水でさらすべし。



マリネ2

サーモン、玉葱、パセリ、潰したアボガド、バルサミコ、塩味、隠し味に醤油、バジルを飾る。


マリネ3

びんちょうマグロ、玉葱、アボガド、カボス、オリーブ油、塩味、隠し味に醤油、バジルを飾る。


マリネ4

蛸、玉葱、トマト、アボガド、レモン、塩味、オリーブ油。



マリネ5

イカ、玉葱、パセリ、潰したアボガド、カボス、塩味。

クリックFC2 ブログランキンング 応援よろしく

テーマ : 簡単レシピ - ジャンル : グルメ

落胆はうすかげの射す目に顕ちて煮くづれをして沈む大根  桝屋善成

大根
大根は年齢とともに好きになる。豚バラのブロックと煮るのが手軽だが今日は和風。まだ残っている帆立の貝柱も使ってみた。

大根は5cmくらいの厚さに6ピース。
貝柱は水に戻すべきだが、手抜きでそのまま4ケ。
たっぷりの水に味醂と砂糖少々で弱火で蓋をして煮る。
1時間ほど火をかけても、まだ十分軟らかくない。
ここで水を足し椎茸を加え醤油で薄く味を付ける。
水を足し醤油を足しで、大根にスーッとくしが通ったら出来上がり。
大根とカボチャは煮てみないと性質がしれない。(^_^;)
今回のは時間のかかる方だった。
うん、冬は大根だ。

クリックFC2 ブログランキンング 応援よろしく
おにぎりをわったらたらこはみだしたとうさんうみのいえにねころぶ   加藤治郎

たらすぱ
東京は木枯らしのようなものが吹いた。暖かい冬といえ季節は確実に巡る。B食は停滞。
一度、止まると動き出すのがたいへん。今回は少し続けたい。
久しぶりにパスタネタ。たらすぱだ。和風に醤油味、青紫蘇が定番だが…。あえて反逆。

スライスニンニクをオリーブ油で香り付け。
タラコは炒めずに先にミルクを入れる。
ミルクが煮立ったら軽く塩味をつける。
タラコと三つ葉を入れる火は弱める。
タラコがミルクと均等に散らばるよう手早く混ぜ火を止める。
塩胡椒で味を整える。
茹で上げたパスタと和えバジルを飾る。

クリックFC2 ブログランキンング 応援よろしく

テーマ : ラーメン - ジャンル : グルメ

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。