プロフィール

スーザン@ヤル気!

  • Author:スーザン@ヤル気!
  • スーザンの家庭料理と同居人鯛蔵の辛口の評を笑い飛ばすのがコンセプトだったが、最近スーザンが料理を作らない。(^_^;)
    にしても、今年の冬は寒いぞ。





アイディア料理ネットワーク


最近の記事+コメント


カテゴリー


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カレンダー

04 | 2007/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おにぎりをわったらたらこはみだしたとうさんうみのいえにねころぶ   加藤治郎

ありきたりの材料でつくる簡単なつまみの一皿だ。

●タラポテ
タラポテ

じゃが芋を半分に切ってチン。
薄く胡麻油を引いたフライパンで焼き目をつける。
生醤油を一滴。
上に生タラコを載せ青みを飾る。
見た目もよろしく、口に入れた瞬間ちょっとウニ風味がした。(^_^;)

クリックFC2 ブログランキンング 応援よろしく

魚くひて安らかなりし朝めざめ藤井康夫の庭に下りたつ  斎藤茂吉

鯛と名が付くがスズキの仲間らしい。
まぁ、パックの切り身で手にするスーザンに元の形のわかりようもない。

●ムニエル
ムニエル

ミルクにつけておくと臭みが取れるとネットにあったのでやってみる。
塩、胡椒して小麦粉にまぶす。
フライパンにバターをとかし皮目から焼くだけ。
ただそれだけ。
付け合せに筒切りのヤマイモをチン。
魚と一緒に焼いて、焼き目をつける。
辛み大根に醤油を注したもの、ミントの葉を飾る。

魚嫌いの鯛蔵が何一つ残さず食べた。(^^)

クリックFC2 ブログランキンング 応援よろしく

十円じゃなんにも買えないよといえばひかって走り去る夏休み   盛田志保子

山盛りスルメイカ第二弾。
まぁ、定番ですがマリネ。

●マリネ
マリネ

スルメイカはさっと茹でる。
ピーマンはチン、生っぽくてよし。。→茹でるより色が綺麗。
塩胡椒してもんでおく。
オリーブ油と、バルサミコをふりかけ和える。
チョー簡単。(^^)

●十円饅頭
饅頭


鯛蔵の同僚の華子さんから十円饅頭をいただきました。
わたしもときどき仕事でお世話になっております、華子さん。m(__)m
さて、十円饅頭、侮れず。
なかなかの美味でござる。

思わず、ググって十円饅頭がどうして商売として成功したか調べまわるスーザンだった。
おいおい、調べたんはそっちの方向か。
でも、才は無いと思うよ。>自分(^_^;)

クリックFC2 ブログランキンング 応援よろしく

なめこ汁どろりとすすり霧の夜のふかいふかあい暗愚のこころ   小島ゆかり

ナメコには小型で足を切って味噌汁に入れるのも、今回のように少し型の大きいものもある。
煮物の新しい具材を試すつもりだったが…。

●なめこの煮物
なめこ

大根はチン。
豆腐は冷凍庫一日の即席凍み豆腐。
3つの材料を出し汁・味醂醤油で煮ただけ。
どう考えても不味くなる要素はない。

が、しかし、ナメコの風味。
日陰の味がする、向日葵のような性格の(ほんとなのか汗)スーザンは箸が進まなかった。

クリックFC2 ブログランキンング 応援よろしく

煮出しすぎの麦茶に麦のくさみしてわたしを煮出せるおとこが欲しい  鈴木英子

山出しのスーザンはお茶漬けが好きだ、塩鮭と糠付け(新生姜と蕪だったらいいな…)でもあればこの上なし。何日続いても飽きないと思う。
で、そういう嗜好が受ける微かな軽侮を楽しんでいる。(^_^;)

●鰹の角煮風
かつお

と、これは下準備の一品。
以前にも試みたナマリ節利用の角煮。
今回も味こそよけれ、イメージどおりにはならず。
まぁ、美味しければよしとするか。
生姜は針のように刻みたいところだがその辺はアバウト。
味醂、同量の水、砂糖、醤油で生姜を煮出す。
弱火でコトコト、水分が少し飛んだところで食べ易い大きさに切ったナマリを投入。
適当に煮詰めて出来上がり。

●お茶漬け
茶漬け

冷や飯の上に鰹の角煮を載せ、熱いお茶をたっぷりかける。青葱と海苔を添える。
茶漬けに味はつけず、辛目のアテと共に食す、糠漬けが欲しいところだが昆布の佃煮で我慢。

クリックFC2 ブログランキンング 応援よろしく

夕暮れがアジアのはてに降りそそぎ妻を娶らぬ賢治思ほゆ   

大の焼きソバ好きのスーザン新メニューの開発に余念が無い。

●焼きソバ
焼きソバ


焼きソバ


焼きソバは薄い胡麻油別のフライパンでいためる。
うっすら焦げ目が付くくらいでよい。

餡はたっぷりめに作る。
豚肉少々、ナスのどちらも小さな賽の目に切ったのをじっくりいためる。
ナスにすっかり火が通ったところで舞茸を投入。
水を加えヴィヨンを入れる。
醤油・ナンプラー・塩・酢で味付け、胡椒をする。
片栗でとろみをつける。

新玉葱の微塵(少し水にさらし絞る)と、三つ葉を薬味のようにしてトッピング。
はい、できあがり。(^^)/

ちょっと焼き目の麺、酢、トッピングの玉葱の3つがポイントだ。

クリックFC2 ブログランキンング 応援よろしく

夏告げる雨がはるかな伝言を魚のつがいに鳥のつがいに   東直子

焼き魚を中心にかんたんなメニュー。

●食卓
ぶり


ぶりに薄く塩して焼いただけ。
適当な青みがなかったので、セロリを飾る。
和風サラダは胡瓜千本にして塩もみ絞る。山芋とあわせ酢と醤油数滴。

●きんぴらと言っていいのか。(^_^;)
きんぴら


人参と大根、冷蔵庫の半端ものを千本に切ってチン。
蒟蒻、アブラゲ、もどしたヒジキを胡麻油で炒め、下ごしらえした人参大根を加える。
味は味醂・顆粒和風だし・砂糖・醤油。
レンジを使うと10分もかからない。
しかも水気を加えないのでボシャボシャせずに味に絡みも良い。
入れるものは何でもよい。
これも冷蔵庫整理メニュー。

クリックFC2 ブログランキンング 応援よろしく

取り落とし床に割れたる鶏卵を拭きつつなぜか湧く涙あり   道浦母都子

冷蔵庫の整理である。
だから材料はそのときのもの。

●バージョン1
ver1


ベーコン、玉葱、セロリ、椎茸、トマトを細かく切ってオリーブ油でいためる。
材料はどれも半端。
冷や飯を加えて塩・胡椒で調味。
小振りのグラタン皿に移し、一皿に溶き卵半個とピザ用チーズを載せる。
オーブントースターで卵が固まりチーズがとろけたらできあがり。

●バージョン2
ver1


虹蔵用にカロリーアップ。
チーズを載せてとろけさせ。
上に半熟の目玉焼きを載せる。

クリックFC2 ブログランキンング 応援よろしく

露地裏に夕顔咲かせて前の世は小さな無口の婆さんであった   河野裕子

ワンパックに小振りのスルメイカが6はい。
煮るには小さいのがやわらかくて美味い。

●スルメイカ
イカ


生姜を細かく切り、味醂と醤油で味付けのつもり。
が、なんと醤油を切らした。
納豆付属のツユなぞ動員するも…
面倒なので塩味にしました。
イカの赤が綺麗にあがって味も最高。

クリックFC2 ブログランキンング 応援よろしく

食べ終えたお皿持ち去られた後の泣きそうに広いテーブルを見て   佐藤りえ

パスタはかんたん、逃げの料理。
しかも一品スープなし。
せめてたっぷりの青菜を飾ってみる。

●ペペロンティーノ
パスタ


オリーブ油でスライスニンニク、鷹の爪を炒める。
椎茸、エリンギを加える。
塩で調味。
茹で上げたパスタを合え、味補正。
皿に盛ってから青菜を飾る。

クリックFC2 ブログランキンング 応援よろしく
むかしかの聖(ひぢり)おはしてうどん好き芸ありうどん鼻にて喰らふ   池田はるみ

鶏皮を茹でる。
葱味噌とあえるのだ。
茹で汁でうどんを作ることにする。

●うどん
うどん


和風の顆粒だしも少し加え、醤油・味醂・砂糖。
麺は冷凍のもの。
真ん中に卵を落とし、水菜と例の青紫蘇を回りにかざる。
簡単、この上なし。
ひとりの時は料理を作る気の無いスーザンだ。

クリックFC2 ブログランキンング 応援よろしく

生き方はタチツボスミレの株のごと宴(うたげ)の女友達分かつ   米川千嘉子

とある事務所の改築の祝に招かれた。
スーザンは2日前より鶏胸肉を塩漬けにして、珍しき早起きでハムを焼く。
さて、行ってみたところは女性の職場、ご馳走持ち寄り、卓上あふれんばかりだ。
ハムは少し地味なツマミと成り果てても、みんなの自慢の手料理、楽しんだ休日でありました。

●鶏ハム2本
 


鶏胸肉を4パック、2日塩漬け、1時間塩抜き、1時間オーブンで焼いたもの。
さっぱりしているので好評だった。

●鶏ハム&唐揚げ
 


唐揚げはジューシーで美味しゅうございました。
ごちそうさま。

●お煮しめ
 


うーん、おふくろの味だわい。

●盛り付け前の糠づけ
 


やはりこれがなくては始まりません。

●漬物セット
 


うまくバッティングしないもので、こちらは浅漬けと奈良漬。

●芋サラと赤飯
 


でんぷんもあり、赤飯はいつ食べてもうれしい。

●お寿司
 


スーザン、雲丹を食べるのは久しぶりだなぁ。

●巻き寿司
 


食べずじまい。(汗)

●トンカツ
 

衣にニンニクの香り。工夫の一品である。

●ふき
 

蕗はスーザン数少ない苦手。食べなかった。でも、大好評。(^_^;)

●フルーツ
 

もう、見たとおり。

●乾き物
 

手を出す人少なし。それはそうだな。

さぁて、これだけのものが複数の皿で出ているのだから、食べきれるわけもなし。
しかし、ここが女の宴の果たる際のすさまじきところ。
非常なスピードでタッパーやらビニル袋に分けられていったのはいうまでもない。

クリックFC2 ブログランキンング 応援よろしく

ほくほくはやきいも ぽくぽくは木魚 ああ、ぼくたちは啄木が好き   吉野裕之

栗を炒め物に使うのは多分ありであろう。
今回は安価なサツマイモ、鶏皮から出た油と、新玉葱の甘み
チープな素材だけれど上々の仕上がりだ。

●サツマイモの中華炒め
酢の物


久しぶりに鶏ハムを作った。
その際出た鶏皮とサツマイモを見て思いつく。

この料理は基本的に電子レンジを使わないとできない。
それぞれの野菜にだいたい火を通し、鍋の中では油と炎を与えればよい。

サツマイモをレンジでチンしてほとんど火を通す。
別に新玉葱もレンジでしんなりするくらいまでチン、
遅れてピーマンも投入。
この辺はスーザン大雑把な説明だけれど、野菜によるレンジの加熱時間の違いは経験しないとわからない。
今日の場合、長さ順に並べれば、 イモ > 玉葱 >ピーマン

熱した胡麻油に刻んだ生姜と鶏皮を投入、鶏の油が十分出るまで火を通す。
下ごしらえした材料とエリンギを全部加え、強火で炒める。
味付けは醤油、ナンプラー、塩。
全部、醤油で仕上げると色がきたなくなる。
胡椒してできあがり。

クリックFC2 ブログランキンング 応援よろしく

晩夏光おとろへし夕 酢は立てり一本の瓶の中にて   葛原妙子

酢の物は、ほんとうにかんたんな一品。
スーザンの合わせ酢は計量なしいつも適当。
まぁ、それなりの味だ。

●酢の物
酢の物


大根と胡瓜を千本に切り薄塩をかけておく。
タコはぶつ切り。
大根と胡瓜をきゅっと絞りタコとあわせる。
酢・味醂・醤油をあわせ、かける。
青紫蘇をたっぷりと飾る。

一束8円の紫蘇は20枚もあって、結構使いでがある。

クリックFC2 ブログランキンング 応援よろしく

薄片をはらはら零しつつ人はパイ食みており窓辺の卓に  三井修

10分はかからないだろう、スピード料理。

●アボカラパイ
パイ


玉葱の微塵に塩を振り、オリーブ油をかけてもむ。
油をかけると、チンで炒めた感じがだせる。
くりぬいたアボガド、おから、玉葱の微塵をあわせ、塩胡椒で調味。
さらにミルクを加えて練る。
グラタン皿に詰め込んでチン100%加熱。
ピザチーズを載せてオーブントースターに。
焼き色が付いたらできあがり。
ミントを飾る。

パイ


切り口はこんな風。

クリックFC2 ブログランキンング 応援よろしく

喪章なす四月の若布(わかめ) はじめよりわれわれは日本島の流刑者   塚本邦雄

やはり半端なさくで安かった生ビンチョウが一束8円の紫蘇の上に載り一皿完成。

●メカブ
メカブ


タコをメカブで和えてみた。
オリーブ油、バルサミコ、醤油でドレッシングを作り全体になじませる。
木の芽を飾る。

オリーブ油が入っていることは黙っていればわからない。
バルサミコが入っていることも黙っていればわからない。
和の一皿で通るだろう。

クリックFC2 ブログランキンング 応援よろしく

紫蘇の葉のにおいのなかにしゃがむときなまぐさき身よたたかうなかれ   大島史洋

むかしは真面目なソフトの中の袋小路のところに作者のちょっとしたジョークが隠されていてそれに出会うのは楽しみであった。セキュリティなんぞを最優先にせざるを得ない昨今、そういう薄暗い場所がなくなってしまった。

●紫蘇
紫蘇


確かに不揃いの葉。しかし自家用ならともかく普通捨ててしまうだろう。
準大手のスーパーの生鮮の棚にワンパック100円の普通の青紫蘇と並んで売られていた。特にことわりもなく。
どこから8円という値段をはじきだしたか分らないが、こういう馬鹿げたことに出会うとなぜかほっとする。

クリックFC2 ブログランキンング 応援よろしく

主食にはなりそうもない品々がままごとのように並ぶ食卓   松村正直

●たらこ
たらこ


●丸干しの鯵
鯵


付き合いで外で飲食が多い。
家ではさっぱりとかんたんなものにしたい時もあるスーザンだ。

クリックFC2 ブログランキンング 応援よろしく

歌 作者
中井英夫は江戸っ子にてしばしば指の醤油を暖簾もて拭き 渡部光一郎


しかも味付けは醤油。(^_^;)

●兄弟舟
兄弟舟

料理ってもんじゃない。
ただのおつまみ。
食べ易いよう油揚げに浅い切り込みがついているのがスーザンの繊細さだ。(^_^;)

クリックFC2 ブログランキンング 応援よろしく
落ちぶれて売りたる銀の燭台が置かれてありぬ床の広きに   佐伯裕子

チーズを垂らした長芋は太い蝋燭のようでもある。

●イモチーズ
イモ

皮を剥いて筒状の長イモをチン。完全に火を通す。
頭から醤油をタラり。
ピザチーズを載せてグラタン皿、オーブントースターで焼き目をつける。
青みを飾る。
ビールのツマミに最高だ。

クリックFC2 ブログランキンング 応援よろしく

 | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。