プロフィール

スーザン@ヤル気!

  • Author:スーザン@ヤル気!
  • スーザンの家庭料理と同居人鯛蔵の辛口の評を笑い飛ばすのがコンセプトだったが、最近スーザンが料理を作らない。(^_^;)
    にしても、今年の冬は寒いぞ。





アイディア料理ネットワーク


最近の記事+コメント


カテゴリー


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カレンダー

09 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
B食のコンセプトは早い安い旨いに尽きる。(^_^;)
それでちょっと面白い食材ならばなお善し。

スーパーにB食おなじみの坊ちゃんカボチャが出ていた。
緑の普通のと黄色いやつ。

ハロウィンのカボチャみたいやけど、
珍しいので黄色い方を購入198円なり。
林檎と同じくらいの大きさである。

0810251.jpg

さてと、どうして食べようか。
切ってくりぬいてチンして
クリームチーズを詰めミニトマトを飾り
オーブントースターで少し焼き色をつける。
味付け無し。
仕上げまで6分。(^_^;)

0810252.jpg

味は緑のよりは落ちるかな。
しかし、チーズの仄かな塩味とカボチャの甘みは抜群のハーモニー。
ナチュラルな味ですね。

金目のアラが398円のところ閉店間際の198円
何ともバラバラ事件な仕上がり。

たっぷりの生姜を針千本に切り
味醂と醤油と水少々に適宜の砂糖の煮汁をしばらく沸き立たせ
魚をぶち込んで煮付ける。
煮汁の水気が少し飛ぶくらいにまでして
魚を入れる。
少し甘くすれば鮮度も気にならない。(汗)

0810253.jpg

大きな身に当たった時の喜びは、
2日目のスキヤキに思いのほか大きな肉片を見つけたときの感動にも似て
下手な歌の一つくらいはできそうな気がする。

職場の同僚からニンニクをもろた。
青森は田子の由緒正しきニンニクなのだ。
見れば貴婦人のように白くふくよかに輝いている。

0810254.jpg

剥き身なので、先ずはチン。
胡麻油でうっすらキツネ色に。
天塩をパラパラ。
ホクホクと上品な甘さ、ビールのあてに最高だ。

0810255.jpg

食べ過ぎに注意。

更新がとまって幾星霜。
というほどでもないけれど。

在宅仕事だったスーザンは去年の夏から毎朝電車に乗る身に。
厨房に立つことも少なくなりました。
代わりに鯛蔵が会社を辞め、フリーの仕事に。
なんと鯛蔵の作った弁当を持っていく毎日です。

81020.jpg

今日は本当に久方の休日。
戯れに包丁を握りました。
焼肉用の豚バラと玉葱ピーマン。
サツマ芋はチンしてだいたい仕上げ味付け直前に混ぜます。
味醂、砂糖少々、醤油、米酢。
合わせておいてさっとからめます。
片栗で薄めですがとろみをつける。

豚の油とお芋の甘さが微妙にマッチ。

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。